晴耕雨読
miwraya.exblog.jp

四季を体感できる八幡で、まいにち小さな楽しみをみつけて暮らしています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
吉和よいday
「山へ行こう!」のお誘い、何度もいただいていましたが、やっと都合があい、やっと実現しました。
うれしくって、うれしくって、昨日は眠りが浅かったです♪(ついていけなくて迷惑かけないかと心配もありましたが・・)

d0041941_23105863.jpg


場所は広島県吉和の冠山(1339m)と山口県の寂地山(1337m)の二山をゆくコース。
実は吉和に行くのは初めてで、下調べもせず「花をみにいこー」くらいの軽い気持ちで、地理もわかっておらず、着いたときに山口県と広島県の県境をみて、興奮しました〜。
ちょっとお出かけ、というより小さな旅!!
新緑の中を、ひさしぶりに会うお友達や、初めて会った方とわいわい言ったり、咲いている花をみたり、標高を気にしたりしていると足取りも軽く、るんるんな感じで進みました。
でもやっぱり山登り!急な登りもあり、息を整えながらがんばって歩きました。
みなさんの元気ぶりにパワーをもらって。

登山道沿いの花にはびっくりしました。
思った以上にたくさん咲いていたし、種類もいっぱい!
咲いている姿はもちろん、香りがあったり、名前の由来にうなずいたり、自然の色や形ってなんて美しいのだろうと何度も感嘆しました。

それをいい合える人たちと歩けたのがほんとーによかった☆
いつもとは違った視点で山を見ることができたのも、今回の収穫です。

寂地山でお弁当を食べて、吉和冠山を目指します。
下ったり、登ったり、歩いて歩いて頂上へ。
ここの眺めは抜群でした。
d0041941_2372562.jpg


それぞれ、いろいろに思いを馳せ、満喫し下山します。
下りは歩くのが難しいので、そろりそろりと足を運びます。
沢沿いにはおなじみの植物、初めましての植物ああり、それぞれにあいさつをしながら時間をかけて進みました。
疲れが足に来ているなぁと思いながら、山を下りました。

山歩きの醍醐味は、季節感を感じられること、達成感を感じられること、楽しさを分かち合えること、心身ともに健康になること・・たくさんありますね。

いい疲れが体を覆っています。
小さな旅は続くのだ。
d0041941_2341335.jpg

[PR]
# by miwraya | 2012-05-01 23:13 |
うららか
ご存知、苅尾山。
この時期毎日違った表情で目を楽しませてくれます。

山笑い
d0041941_22381843.jpg


道誘う
d0041941_2234306.jpg


眺めてよし。
登ってよし。

お越しの際には高原の自然館にもね!
[PR]
# by miwraya | 2012-04-30 22:43 |
たくましく花開け
d0041941_22483186.jpg


今日もたくさんの花に会いました。
柔らかな新芽のみどりいろ、ふんわり萌える山、自然にある色は美しいなぁと感嘆がこぼれます。

春は命の輝きがまぶしいとき。
私たちはそこから多くのメッセージを受け取っているのだと感じます。

背筋をのばして、明日もがんばろう。
[PR]
# by miwraya | 2012-04-27 23:13
余韻
山焼きを終えて二日。
まだ余韻が残っております。
やっぱり三年ぶりだからかなぁ・・
当日はとにかく無事に終わって欲しいっていう気持ちでいっぱいだったからかなぁ・・

うん、焼けてよかった。
帰りがけに見つけたショウジョウバカマにまた会いにいこう。
今年はスミレも覚えたいなぁ。
わくわく。

d0041941_19463023.jpg

[PR]
# by miwraya | 2012-04-16 19:47 |
春の味わい
ここ八幡はとってもいいところです。
冬が過ぎて、春がきた。
やっとね。


d0041941_2055531.jpg

4月2日の夕日。

あ、タイヤ換えないとな・・
[PR]
# by miwraya | 2012-04-15 20:59 |
春は山焼き雲月山 2012
本日!無事に山焼きをすることができました。
2010年、2011年と中止になり、久しぶりの山焼きで、今朝も雨が降り、「大丈夫かなぁ」という思いで出発しました。
雲月地区の方はすでに準備をされており、気温が低かったため、あったかい飲み物を「飲みんちゃい」と入れてくださいました。
おいしかったなぁ。

午前中は防火帯を作る作業。
みなさんきびきびと動くときは動く、休むときは腰をおろして班内での交流を深められていました。

見知った顔の方が声をかけてくださるのが、本当にうれしかったです。

いよいよ午後は火入れ。
しっかり説明を聞いて、真剣な面持ちで山に向かいます。
火が入るまでは、実感がなかったのですが、パチパチという音、赤い炎、煙る匂い、舞う黒いススを感じるうちに、実感が増してきました。
「安全に、安全に」ということをずっと思っていました。
ひと区画終わり、次の区画へ向かう途中、消防団の方の姿をみて、本当に頼もしく思いました。
ところどころ、消防署の方もおられます。
大きな声で的確な指示を出して、消火体制を作ってくださりました。
2時間ほどで、雲月山は真っ黒になりました。
帰りに少し歩いてみると、ショウジョウバカマが咲いていました。
イカリソウの葉も見えました。

春です。
行ったことある方も、ない方も今しかないですヨ!
雲月山にいってみよー。
そこで会えたらいいですね。

長く長くよい一日でした。
焼けまして、ありがとう。

d0041941_23254164.jpg

d0041941_23373488.jpg

[PR]
# by miwraya | 2012-04-14 23:38 |
空・色 音・染
はっきりしない
あいまいな
ぼんやりした

春の始まりってそんな色なのかな

*と、ある空
d0041941_23212841.jpg


ゲンキノモト コレコレ
[PR]
# by miwraya | 2012-03-22 23:31 |
ちいさんぽ
春分の日。
ほんのすこーしだけ、カメラを持っておさんぽ。

*雪がとけて、地面が見えてきた
d0041941_19354818.jpg


*雪のえくぼ
d0041941_19355515.jpg


*Half & Half
d0041941_19365431.jpg


*春の音??
d0041941_19355672.jpg

[PR]
# by miwraya | 2012-03-20 19:41 |
早春のトレッキング
今日は、細い糸のような雨が降る中、千町原をトレッキングしました。
思った以上にたくさんの参加者に来ていただきよかった☆
おなじみの方が多く、いろんな話をしながら約2時間歩きました。
みなさんはかんじきをはいたけれど、試しにはかずに歩いたところ、ほぼ大丈夫でした。
深いところは50センチ以上の雪が残っていました。
シジュウカラの声を聞いたり、ハタネズミが活動したことがわかる穴のぽこぽこを見たり、優しい雨の中、もやもやも深いなか、見えてくるものを切り取りました。
指先が少し痛くなるくらいの寒さでしたが、真冬は過ぎたんだなぁと体感しました。
春はすぐそこ。

「とおくへ」
d0041941_20371287.jpg


「ゆれる」
d0041941_2048495.jpg


「しずくLOVE」
d0041941_20414559.jpg

d0041941_2040326.jpg

[PR]
# by miwraya | 2012-03-18 20:49 |
にこにこっ♪
みんなみんな
おつかれさん

話を聞いてくれるだけでうれしかったり

みんなみんな
ありがとう

d0041941_21333528.jpg

[PR]
# by miwraya | 2012-02-21 21:38 |